ぜいたくレッドスムージーのオススメポイント

スムージー

ぜいたくレッドスムージーはコールドプレス抽出という方法で作られています。コールドプレス抽出とは、材料に強い圧力をかけてすりつぶしながらじっくりと時間をかけてジュースにしていく方法です。

 

今まではジューサーなど刃を使用して材料を短時間に切り刻んでジュースにする方法が一般的でしたが、刃の付いているジューサーなどを使うと摩擦によって熱が発生しやすくなります。

 

そのため、酵素をはじめとする熱に弱い栄養素の力が失われてしまいます。また、刃を使って素材を切り刻むことによって、切り口の断面が空気に触れやすくなります。空気に触れると素材に含まれているビタミンなどの栄養素がどんどん酸化していきます。せっかくのビタミンの効果も薄れていくことになります。

 

その点大きな圧力ですりつぶすコールドプレス抽出なら熱の発生もなく、断面を作らないので酵素やビタミンの力を失ってしまうことがありません。最近ではコールドプレスジュースの専門店やジューススタンドなどもあちらこちらで見かけるようになってきました。

 

モデルさんや芸能人、また美意識の高い人達の間では、「ジュースやスムージーはコールドプレスが当たり前」になっています。また、家庭用のコールドプレスジューサー(スロージューサーと言います)も販売されていて、自宅で毎日コールドプレスドジュースやスムージーを作って飲んでいる人もいます。

 

ダイエット中には最適な飲み物

スムージーは栄養価が高くビタミンや酵素が補給できるので、ダイエット中には最適な飲み物です。また、身体の中をキレイにお掃除してくれるクレンジング効果にも優れています。でも、実際に自分で毎日コールドプレスのスムージーやジュースを作ろうと思ったら、かなり大変です。

 

まず、コールドプレス用のスロージューサーを購入しなければなりません。それから新鮮な野菜や果物、スーパーフードなどの材料を毎日数種類準備することになります。朝はいつもより早く起きてスムージーを作る作業に取り掛かります。

 

ビタミンは空気に触れると酸化してしまうので、作ったらなるべく早く飲むようにしないとせっかくの効果が薄れてしまいます。なので作り置きは原則としてNGです(密閉して急速冷凍すれば、作りたてより栄養価は落ちますが、数日間は保存できます)。

 

基本的には、毎朝飲む直前にスムージー作りをしなければなりません。その点、ぜいたくレッドスムージーなら16種類の野菜とフルーツ、22種類のレッドフード、21種類のスーパーフードがコールドプレス抽出で手軽に摂れてしまいます。自分でこれだけの種類の素材を揃えるとなると、労力もコストも相当かかってしまいます。

 

好きな時に手軽に高品質のコールドプレスドスムージーを飲め、コスパも良いところがぜいたくレッドスムージーの良いところです。

 

申込み

申込み